囲碁初心者向け徹底解説ブログ

囲碁を始めた人向けにブログ開設しました。自分が始めたときに疑問に思ったことや、最初のうちにつまづき易い点を徹底的に解説します。

良い形

囲碁は、最初のうちはどこに打ったらわからないということがよくありますが、良い形を覚えるというのがオススメです。

 

既に紹介した一間トビ、二間開きもそうですね。効率が良かったり、石が繋がりやすいことから良い形とされています。

 

今回同様に良い形を紹介します。

まずはタケフです。以下のような形です。


f:id:sumi16:20190714171441j:image

黒石が二つずつ並んでおり、竹の節のような形なので、タケフと読んでいます。

何が良いかというと上の黒石と下の黒石が絶対に切られず繋がっていることです。

白石が切ろうとしても…。
f:id:sumi16:20190714171746j:image

黒石は繋がっています。


f:id:sumi16:20190714173517j:image

白石左から置きましたが、右から置いても同様に黒石は繋がっています。

石を繋がらせたい時にタケフはよく使います。

 

次にカケツギですね。


f:id:sumi16:20190714174213j:image

石三個で斜めに置きます。

この形も下のように白石を置けない(置いた瞬間とられてしまいます)ので三個の石が繋がっています。


f:id:sumi16:20190714174443j:image

カケツギは石が繋がっているだけではなく、眼が作りやすい形です。

下に石を置くと眼ができますね。


f:id:sumi16:20190714175010j:image

あとは切られそうなところを守ったり。

黄色の場所を白に切られるのを防いでいます。


f:id:sumi16:20190714175214j:image

あとは一間トビからカケツギしたり。用途は様々です。下を図では黒石を繋げると同時に、白石が右に行くのを止めています。


f:id:sumi16:20190714175723j:image

このように良い形を覚えると、石の効率や繋がりやすさがアップし、打ちやすくなるのでオススメです。